ブログ

今回の制作で新たに導入した機材

今年には機材をかなり充実させたので、
個人的に晒したいので晒します(笑)

t02200293_0800106713110886667
Xotic XJ-1T Alder Body/Rosewood Fingerboard (on Track 1 & 2)

4弦のエレキベースです。 新品同様でかなりお安く入手する機会がありました。
PUカバーはローズウッドで洒落ていて、細かいフレーズも弾きやすいです。
Tri-Logic2プリアンプは滑らか・上品な音色で、モダンジャズベースサウンドです。
泥臭いサウンドはやや苦手ですが、
コンテンポラリーなソウルやフュージョンに向いているという印象.

1曲目ではとある歴史的プレイヤーの音を真似てリアピックアップ単発でトーンを絞り、
2曲目では両PUともにフルでそこに低域をブーストしています。
とくに1曲目のトーンはかなりこの楽器の得意な音で、気に入ってます。

t02200293_0800106713110886668
Contrabass + YAMAHIKO Piezo Pick-ups 2-Sensor System

今年の春に購入したダブルベース。(コントラバス、ウッドベースとも)
山彦の弦高アジャスター型のピエゾ・ピックアップを取り付けています。
表がスプルース単板、裏と側面がメイプル単板で、エボニー指板です。
40万以下の楽器で鳴りがよく癖の少ない楽器を見つけられました。
ネックは太すぎず、駒や指板の仕上げも綺麗です。
今回、3曲目録音ではピエゾPUは使用せずに、ボディサイドからダイナミックマイクで録りました。

Phil Jones Bass Brief-Case(Red) 100W

エレキベースおよびダブルベース用アンプ。
一応ユアサのバッテリーを付ければストリートライブも可能です。
両方に相性のいいアンプを探していたら、中古でこれを見つけて購入。
これは5インチ2発という小口径ですがかなりレンジが広く、音量も出ます。
1,2曲目ではXoticとともに使用。チャック・レイニーの組み合わせとほぼ同一です。

t02200293_0600080013110927352
Ibanez SV470

中古で35000円で買った非常に軽く、ネックが程よい太さで弾きやすいギターです。
マホガニーボディのHSH、ノンロッキングトレモロ、ゴトーマグナムロックです。
フロイドローズの面倒臭さに嫌気が差してしまい、
ノンロッキングトレモロで便利なソリッドギターを探してたら見つけました。
非常にバランスに優れた楽器で、とにかく使い勝手が最高です。
3曲目でのクリーンでのギターソロを弾いています。
4曲目のフルアコの音にも負けない綺麗なジャズトーンになったと思います。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

BLOG

PRODUCTS

  1. Live & Walking in Our Time
  2. Urban Chromatic
  3. Mr.Lie False
  4. Dream Clock
  5. Structured Winds
ページ上部へ戻る