ブログ

新譜、Live & Walking in Our Timeの告知

H26 10/26 M3-2014秋 (第二展示場 う-37bレギュラースペース) 新譜Live & Walking in Our Time[ \500 ](4曲入り)頒布予定です

久しぶりの新譜、申し訳ないことにイベント直前までバタバタという具合でございます。
まだクロスフェード・デモを流せないことが非常に悔やまれますが……
作編曲を週末に終わらせることが出来たので先に曲紹介をさせていただきたいと思います!

今回はシチュエーションや風景をよりハッキリとイメージした作品が多いと思います。

アートワークは、tie-upして頂いたSPOT NOTE みなとみらいの代表のMASAKI氏にお願いいたしました!
ありがとうございます!

1.Me dá um café 風のようなフルートが時折熱さを見せるラテンリズムのジャズ。
  ――――夕暮れ時、駅前から少し離れたラテン・カフェを見つける。遠い国から来た客も座っているようだ。様々なものが溶け合っているその雰囲気と、一杯のコーヒーから漂う複雑な表情の香りに高まりを感じている。

2.Puerto[SPOT NOTE みなとみらい tie-up] ゆるやかさと軽快さを感じさせるソウル・インスト
  ――――港の街を、波のリズムを感じながら少しばかり身体を揺らして歩いている。 人々が集まり活気づく街には自然とそこに躍る魂を感じるものなのだろうか。

3.堅信礼 ~Dedicated to Charlie ‘Bird’ Parker~ ストレートなバップ・スタイルのジャズ・ピアノトリオ。
  ――――偉大なるアルト・サクソフォン奏者のチャーリー・パーカーへの憧憬。 ビルの立ち並ぶ街の真上で鳥が自由自在に飛びまわるかの如く駆け巡った、その音に思いを馳せる。

4.On The Rock オルガントリオによる、ゆっくりと味わえるジャズ・バラード
  ――――部屋の窓の向こうを眺めながら、ウイスキーを片手にくつろぐ。 その香りを口に含んでは少しずつゆるやかに酔いしれていく。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CATEGORY

BLOG

PRODUCTS

  1. Urban Chromatic
  2. Structured Winds
  3. Live & Walking in Our Time
  4. Dream Clock
  5. Mr.Lie False
ページ上部へ戻る